時空混沌渦

キモオタク道、ここに極まる。

楠田亜衣奈にさよならを

この記事はラブライブ! Advent Calendar 2016 - Adventar 15日目の記事として公開される予定となっております。

 

 

※文章を碌に書いたことがない、語彙力がない、底辺のクソオタクであるところの私ごときの駄文では他の日付を担当されている方々が書かれたすばらしい記事の数々で目が肥えておられるであろう皆様方を楽しませることは難しいと思うので、エンタメ性は期待せず、適当なカフェに入ってアメリカンコーヒーのショートを頼むくらいの軽い気持ちでお読みいただければと思います。

 

 

昨日はkunst1080さんの記事でした。

調性から「輝き」を見るという斬新な視点に感服致しました。私はそういった分野には荒木飛呂彦作品くらいドのつく素人ですが、分かりやすく簡潔な文章で大変読みやすかったです。説得力も抜群でした。

 

 さて、そんな素晴らしい記事から一転、地獄の鬼もドン引きするレベルの記事になること請け合いである私の記事になります。

聖闘士星矢における冥界・地獄門に記された文字のごとく

 

「ここから先、読み進めるのであれば、一切の希望を捨てよ」

 

と警告しておきますので、「それでもいいよ」というエイトセンシズに目覚めた強大な小宇宙をお持ちの聖闘士の皆様はどうぞゆっくりしていってください。

 

 

続きを読む